まったりまったりな日々(*´∀`)
|管理者ページ|

CALENDER

10 < 2017/11 > 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

MONTHLY

COMMENTS

SEARCH

MUSIC


*Heine*
Produced by 新イクラ

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう少しこのままで。

2005-09-30 (Fri) 09:39[ 編集 ]
私はリネを
夢のようなもの
だと思っています。

いつかは夢から目覚めなくてはいけない。


あぁ~、そろそろ限界だなぁ~と
28日に課金をとめました。

あとは心配しているであろう親しい人に理由とお礼を告げ
いぢめてかわいがってくれた方々にお手紙を書いて
PCからリネをアンインストして終わり。


このところリアルで本当にいろいろなことがあり
リネどころではありませんでした。

リネにINする時間もなくなり
心配してるだろうなーって思ってても
理由さえ伝えることができない。


リアルの都合で
タントとのゴールデンラブラブタイム
これから先INできることはあまりありません。

それが分かっていたので
夢から覚めるときがきたんだと。
やめるなら今かなって。


55まではリネに夢中でした。
55になってからはEXPなんてどーでもよくって
ただ楽しめればそれでよかった。

すっごいWIZになりたいわけでもなく、
すっごい装備がほしいわけでもなく、
すっごい狩場にいってボス狩りをしたいわけでもなく。

心のどこかで
「いい歳していつまでもこんなことばっかりしてられないなぁ~」って
思っていたのです。


リネしている時間を
リアルの自分のために使えるはずなのに。
家族と過ごすことに使えるはずなのに。


お休みだった28日にね、
リネする気にもなれず
久しぶりに母と、たくさんおしゃべりしました。
一緒にキッチンに立って食事を作りました。
ふたりでベランダ掃除なんかもしちゃいました。
たのしくて~そして涙が出てきました。



お恥ずかしい話しなんですが。。。

私の両親は私が大学在学中に離婚しました。
私が小学4年のころから
我が家は両親の会話のない家だったのです。
父は10年も母を黙殺していました。
ふたりの間に私がいて成り立っていたというかんじかな。

今思えばもっと早く離婚すればよかったのにって思いますがー
母は私たちきょうだいのために
ひたすら我慢していたのだと思います。

母は強し。



離婚してからの母は
なにかふっきれたようにおしゃべりになり
明るくなりました。
もともと明るい性格の人だったのです。


家族には会話が大事。


ご両親がそろってご健在な方には
あまりにも当たり前なことなのでピンとこないかもしれませんが
その当たり前な幸せは、決して当たり前ではないのです。
あんなひどい父でも離婚が決まったときには
私通学電車の中で泣きましたから。

離婚や死別、結婚、独立。
家族がいっしょにいられる時間は限りがあるのですょ。

もっと会話していればよかったなぁ。
いっしょに料理していればよかったなぁ。
いっしょに花に水をあげたり、ケーキ焼いたりしていればよかったなぁ。

さみしい思いさせてなぁ~って思いました。



で、リネの話しに戻ります。

母とゆっくり過ごし、
「やっぱりこのままじゃぁいけないな」って
その日のうちに課金を切りました。


私ひとりなら冒頭に書いたように行動し
スッパリとリネをやめたと思います。


だけどー。


ひとりじゃないんですょ。

まずタントに話さなければ。
それからでないと決められない。


昨日時間を作ってタントに話しました。
私の話を聞き
「しかたないよ」
「そらの気持ちはわかる」
「あとはそらが決めることだから」
タントは引き止めることはしませんでした。


そしてひとこと。

「そらって0か100しかないんだな」



あひゃー。
さすが1年もいっしょにいたタント。
私のこと、よくおわかりで。。。(´Д`;)


中途半端ができないんですよぅ~。
あれもこれも同時にできるほど器用じゃないの。
ぎりぎりまでがんばって、
それでもだめだったらないものにする。
そうやって今までいったいいくつものものがないものにw



その日は私の気持ちだけ伝えて落ちたんですがー。
やっぱりタントと会うと気持ちがぐーらぐら。








今日タントと話しの続きをしようと11時ころIN。
どっかいこか~と、混みこみなDVCへ。

はっきりいって狩りはどうでもよくてー
立ち止まっては話しをし、
タントともひさしぶりにゆっくりいろんなこと話したなぁ~。

「でももうきめちゃったんでしょ?」

うん。決めた。


タントがあまりにも引き止めるようなことはいわないので
「ひきとめないのねw」と冗談でいったら
「ひきとめてるつもりだけどw」と。


「そらがやめるなら俺もやめる」

あぅあ~~;;


課金も切ったし、やめると決めてたし
ひきとめてもらいたかったわけではないんだけどもぉーーーーー!
それはいや~;;
タントがやめたらいったい誰が「リネ最後の日」を
私に教えてくれるのおおおおおおおおおおおおおお!
(たぶんアエが教えてくれそうだけれども)




リネを続けることは簡単です。
私がINする時間までタントに待ってもらって
たった30分でも1時間でもいっしょに狩りしておしゃべりして。
それでもいいなら続けることができます。

でも、ほんとにそれでいいの??




いいらしい。。。(´・ω・`)<くまったなぁ。



くまった。

くまった。

くまった。


そういえば昨日私は
タントに「どうしたいのか」聞いてなかった。
聞かずにひとりで決めてしまってた。
それほど気持ちに余裕がなかったというのは言い訳ですね。

私にないものにされようとしているのにタントってば(;□;)<冗談ですけど。



タントが寝なくちゃいけない時間を大幅に延長してもらって、
ひとつの結論を出しました。



課金が切れる残り1ヵ月。
今のなかなか会えない状態でやってみようと。

お互い少しでも不満が出てきたり、楽しくなかったり
リアルをおろそかにするようであれば
そのときは今度こそやめよう。



私はもう少しだけ夢の中にいようかな。
50くらいの気持ちで。
でも、リアルもがんばらなくちゃ。
やらなきゃいけないことは後回しにせず、
あいた時間は自分のために勉強したり
家族と一緒にケーキを焼いたり、庭いじりしたり
テレビを見て笑ったり。


今までタントの帰りをひたすら待っていた私。
これからはタントが私を待つことになります。
ほんとに申し訳ないなーっておもうのですが。
私に遠慮なくクラハンや他の人とのペアにもいってほしいなって思います。



なんだかとっても大事なことを
気づかせてくれた母に感謝。


こーんなず~るずるな性格の私に
まだつきあってくれるというタントに感謝。


心配してくれたアエに感謝。

20050930-1.jpg
そっくりそのままあなたたちにお返しします( ´m`*)

レベルアップとお誕生日おめでとう。

スポンサーサイト

COMMENT

-

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENTの投稿

そらにだけ表示を許可する

 | HOME | 

PROFILE

そら

そら

LineageJP3に生息するLv56WIZ.
相変わらずびんぼーw

PET

LINKS

RSS 1.0

HTML 4.01

RSS FEED

template by mayu*

FC2Ad

(C) そら All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。